クリマ/Climatsとリュー・ディ/lieux-dits:ブルゴーニュ/Bourgogneワインの根源

更新日:2021年7月28日



ここからは、ブルゴーニュ/Bourgogneワインを旅してみましょう。この地域のクリマ/Climatは世界にも希有な特徴を有しており、ブルゴーニュ/Bourgogneの人々は、2015年、ユネスコ世界遺産に登録されることを待ち望んでいます。

2000年の歴史とともに、ブルゴーニュ/Bourgogneのぶどう畑は、人類の経験と、この地域に極めて特有な土壌と気候の観察により育まれてきました。その結果、品質の高さで有名な、明確に区分された区画で構成されたモザイク様のぶどう畑ができあがりました。それが、クリマ/Climatsとリュー・ディ/lieux-ditsです。

しかし、そもそもそれはいかなるものでしょうか?その非常に特徴的な名前はなにに由来するのでしょうか?


 

クリマ/Climatsとリュー・ディ/lieux-ditsの定義


クリマ/Climatsという語はブルゴーニュ/Bourgogneに特有で、テロワール/terroirのブルゴーニュにおける定義を構成します。

クリマ/Climat明確に限定された土地の区画であり、特定の地質および気候条件の恩恵を受けています。それに、栽培家の耕作と、2つの偉大な品種である赤ワイン用のピノ・ノワール/Pinot Noirと、白ワイン用のシャルドネ/Chardonnayの表現が結びつき、世界に知られたクリュ/cruの稀にみるモザイク様の品質等級が誕生したのです。


クリマ/Climatsとは? この用語「クリマ」は通常、ブルゴーニュ語です。 これは、ブルゴーニュのテロワールの定義を構成します。 クリマトは正確に区切られた土地の区画であり、特定の地質学的および気候条件の恩恵を受けています。 したがって、すべてのブルゴーニュワインには数千のクリマがあり、地域、村、プレミアクリュ、グランクリュのさまざまなカテゴリに分類されています。

 

リュー・ディ/Lieux-ditsとは?


Lieu-ditは、フランスで土地台帳が創設されて以来、その名を地形学あるいは歴史的な特性に由来する土地の小さな区画を指します。

ブルゴーニュ/Bourgogneでは永い間、クリマ/Climatsとリュー・ディ/Lieux-ditsが混同されて使われてきましたが、実際には異なるものです。たとえばひとつのクリマ/Climatのなかにいくつものリュー・ディ/Lieux-ditsがあることもあれば、リュー・ディ/Lieu-ditの一部がクリマ/Climatになっていることもあるのです。


 

豊かで複雑な土壌

ブルゴーニュの土壌の地質構成は、その海洋起源と地質学的歴史の両方を反映しています。 熱帯の海から、石灰岩は下層に、時には化石の形で見られます。 高山山脈の形成とそれに続く氷河期から、この土壌は、シャブリからマコネまでつづき、コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、コート・シャロネーズを形作ってます。ブルゴーニュの下層土は、主にジュラ紀(2億年前~1億4500万年前)の海洋起源のマールと石灰岩で構成されています。


特徴的な気候

コートの東/南東斜面、標高200〜500メートルに設置されたブルゴーニュのブドウの木は、風の影響、自然な水の排水、柔らかな朝の日差しを利用しています。 冬の間は、霜を防ぎます。 夏の日差しと高温により、ブドウの最適な熟成が可能になり、香りが集中します。


土壌の成り立ち

ブルゴーニュのワインは、2000年にわたる豊かな土壌から生まれました。 伝統とノウハウを育む土壌がなければ極上のワインは生まれません。





高貴なブドウの品種

ブルゴーニュのワインは主に単品種のワインです。 ブルゴーニュのブドウ畑は、シャルドネとピノノワールから作られるのが特徴です。 いくつかのワインは、ガメイやアリゴテなどのブドウ品種から作られています。



シャルドネ 49 % ピノノワール 35 % ガメイ 8 % アリゴテ 6 % その他 2 %




#tag #tag2 #tagetc