香りをより楽しむため適切なワイングラスを選択してください

更新日:2021年7月27日



  • 赤、白、ロゼ、若いワインと熟成ワイン、いずれの場合も、グラスは、ボウルの内壁がまっすぐで上品なデザインで、唇が触れる部分が広がり過ぎないものを選んでください。繊細なクリスタル製で、およそ200mlの容量をもつものがよいでしょう。

  • クレマン・ド・ブルゴーニュのような発泡性ワインには、細長いフルートグラスを用います。

 

ブルゴーニュワインの芳香の力を解き放ちます...


あなたのワインのすべての品質を探求するために、あなたの感覚を引き立たせる素敵なグラスを選んでください。ワインに合わせたグラスは最も微妙な香りを引き出します...

ガラスが薄くて明るいほど、ワインの色が目でよくわかります。

ガラスの選択は、味覚の鍵となるワインの芳香にも影響を与えます。ワインのローブ(色調)を楽しむために、色被せのグラスの使用は控えましょう。


•丸みを帯びた丸みを帯びた下部

空気との接触面が広いことを確認してください。この形状は、特にグラスの中でそっと渦巻くときに、ワインの香りを放つのに役立ちます。


•締め付けられた上部

このフォームは、ガラスの上部に向かって臭い分子の集中を生成します。したがって、あなたの鼻は、本当の嗅覚の出会いのために、香りをよりよく捉えてそれらを識別することができます。


 

適切なグラス選び



味わうワインの色に合わせてグラスをお選びください。


•赤ワインを飲もうとしていますか?

香りがキーポイントなので、ベースの広いグラスでアロマをよりよく放出し、空気と馴染ませてからお飲みください。


•白ワインを味わうつもりですか?

繊細な香りは少し細めなグラスを使うことで引き出されます。


 

サービングのポイント!


ワインを供するときは、グラスの3分の1までだけワインを注ぎましょう。

そうすれば、グラスの中に香りが充分に空気と漂うスペースが確保され、開花したアロマを満喫できるようになります。これで、あなたのテイスティングはすばらしいものになるでしょう。

テイスティングの際、ワインを手の体温で温め過ぎないよう、グラスの脚を持ってください。



#tag1 #tag2 #taget