多様な自然環境から生まれた独特の地形

更新日:2021年10月5日

ブルゴーニュの地形


クリマ(地形)はブルゴーニュのワインに個性を与え、世界遺産にも登録されています。

地形の形作られる過程で生じた様々な偶然が積み重なり、ワインに適したブドウが作られてきました。ブルゴーニュワインを作り出す環境、また中世から受け継がれてきた地形、その美しい自然環境は今日までワイン農家たちによって大切に守られてます。


ブドウの育つ区画、地形、また場所によっても、ワインの味わいは変化します。

土壌の質、周辺環境は偶然の積み重なりによって生み出され、高品質のワインを作り上げています。

代々受け継がれてきた自然環境は、ブルゴーニュのワインをより味わい深く、個性的なものにしています。



• ブドウ畑の高度

• 土壌の地質学的な性質

• 植生環境

クリマの特徴をもっと細かく見ていきましょう!


 

ブドウの育つ土壌の高度


ブルゴーニュの各クリマの傾斜面、高度は独特です。


クリマに足を踏み入れるとひと際目立つ丘は、2万年以上前、氷河期の最後に雪解けによって形作られました。

この雪解けは、夏には急流となって流れ出ていきました。この時の衝撃により石灰が堆積していき、深い谷と柔らかい土壌を作り上げました。 また年月をかけて、石や小石の塊が堆積されていき、ミネラル分の豊富な土壌になっていきました。


 

土壌の性質


「ペリエール」(=表土と土壌の基盤)も特筆すべきポイントです。


フランスでは、石や岩が蓄積された土壌の多くがブドウ園になっています。


特に「レ・ペリエール」 レ・クレ」、「レ・コルナス」と呼ばれるクリマでは、土壌に石が豊富に含まれているため、ミネラル分の豊富なワインが作られます。


 

植生環境


ブルゴーニュは、多様な植生環境の恩恵を受けています。


例えばクリマの間に植えられた木、針葉樹のような木々は石灰岩の堆積した土壌で育ちます。 周辺に植えられている木々もワインの風味に影響しております。







#自然環境 #クリマ #土壌 #ペリエール #石灰岩 #ブルゴーニュワインの秘密 #中世

#世界遺産 #ブドウの育つ土壌の高度 #植生環境 #土壌の性質