ワインのすべての芳香の個性を表現するデカンタージュ

更新日:2021年7月26日



カラファージュとデカンタージュは必須ではありませんが、ワインがもつ風味を最大限引き出すことができます。

ワインが若過ぎるか、少し「固い」場合は、カラフに移して空気に触れさせ、豊かな香りを花開かせましょう。古いワインであれば、デカンタに移すことで、隠れていた魅力を解き放つことができます。


 

デカンテーションのおかげで若いワインの香りが明らかになる


若いワインはカラフに移すことで、その特徴が引き立てられ、より楽しむことができます。「カラファージュ」とは、ワインのアロマを引き出し開かせるために、ワインをカラフに移すことで空気(あるいは酸素)に触れさせる作業です。



カラファージュは、特に以下のワインに適しています:


タンニン豊かなブルゴーニュ/Bourgogneの赤ワイン

味わうと非常に目立つタンニン(ブドウの皮の成分)が含まれています。これらはワインに粗い、やや粗い味を与え、空気にさらすことで柔らかくします。


樽で熟成された力強く複雑なブルゴーニュ/Bourgogneの白ワイン

ワインを酸素に充分に触れさせるために、底の広いカラフを選び、ワインが空気に触れる表面積を大きく確保しましょう。カラフの内壁面に沿ってブルゴーニュ/Bourgogneワインを流し入れます。


次に、1時間から2時間ほどワインを休ませます。少しずつ空気に触れることで、ワインが優美な花のように「開き」、深みのある香りのすべてが引き出されます。


 

デカンタージュ --- 熟成させたワインのための精妙な技術


熟成させたワインを召しあがりますか?その繊細なブーケ(香り)を開花させるために、供する前にデカンタに移しましょう。


デカンタージュは、緻密なカラファージュのひとつであり、滓を分離させながら空気に徐々に触れさせることを指します。これから引き出されるアロマのイメージと同様に、たいへん精緻な作業が必要です。


ブルゴーニュ/Bourgogneワインの性質をひとつも失わないためには、テイスティングの直前にデカンタージュをおこないます。この技術によって、多様性に満ちて由緒ある熟成されたワインを堪能し、すばらしいひとときの経験を味わうことができます。

#tag1 #tag2 #tagetc